これは1994年に公開されたアメリカ映画の題名ですが、その話ではありません。河合雅司著「未来の年表:人口減少日本でこれから起きること」(講談社現代新書2017/6/14出版)、さらに「未来の年表2:人口減少日本であなたに起きること」 (講談社現代新書 2018/5/16出版)を読んで考えたことです。ただ、日本全体の問題にするのは実感がないため、私の住む南魚沼の実態ですが。
 2018年、今年は「全国的には75歳以上の人口が65-74歳の人口を上回る年」と河合氏はいいます。しかし、南魚沼市の場合には、すでにこれは2015年に現実となりました。今年の南魚沼市は75歳以上/65-74歳=9,498人/8,560人でほぼ1.1倍です。さらに2025年には10,667人/8,408人となり約1.27倍に増える予定です。河合氏の予想にもどると、「その後も増え続け、2042年に高齢者の絶対数がピークを迎える」とのことですが、多分南魚沼市はその年のずっと前にピークを迎えると思います。
 また、2018年は「18歳人口が120万人より急減することで、私立大学に限れば定員割れが40%を越える年」ともいっています。今、魚沼地域では看護学校が話題に上っています。新潟県の看護学校は2017年4月現在22校あり、定員は1,282名です。来年度には長岡市に1校・定員80名、2年後には十日町市に1校・定員40名の看護学校が開校予定です。他地域に比較して魚沼地域には看護師数が少ないといわれているため、当院も看護師の卵が増え、就職して貰うことは嬉しいのですが、果たして入学可能な18歳の男女はどこの地域にいるのでしょうか。
 2019年は「社会インフラの老朽化が進むとともに、それを支える技術者や税収が減少する年」と河合氏はいいます。南魚沼市では市民病院の隣に17号バイパスの道路ができ、八箇トンネルが開通したため十日町と南魚沼地域の交流が増えるというプラスの面がありますが、今まで使用していた道路の維持管理が制限されるようです。その近隣の人々の生活は大丈夫でしょうか。
 2020年は待ちに待った「オリンピックの年」です。前回1964年の東京オリンピックは高度成長の起爆剤になり、以後、人口も給料も増加しました。日本の人口は、明治維新時には3,300万人でしたが、ピークの平成22年時には12,800万人になりました。しかし、今後は減少が続き、2100年から2150年頃(最大と最小を見積もって)には明治維新の人口に近い3,800万人に戻るといわれています。この人口減少の根本的な原因は言うまでもなく出産数の減少で、先進国全般に見られる傾向です。先進国の若者には、結婚して子供を育てるための経済力と精神的ゆとりそして希望(夢)が持てない共通点があるのかもしれません。また、日本の男子は草食になったといわれますが、草食にならざるを得ない社会状況(低収入、未婚、親の介護)があるのだろうと思います。TVでは盛んに肉食系女子の話をしていますが、これは本当の食事(肉料理)だけの話で、意味が違うようですね。
  2021年は「団塊ジュニアーが50歳台に突入し、企業が管理職の人材不足に悩む年」とともに、「団塊の親たちの介護のために仕事を辞める『介護離職』が大量に発生する年」と河合氏はいいます。これは、介護保険制度の破綻を防ぐために、厚労省が制度の縮小と認定の厳格化を進めた結果といえます。ゆとり教育同様に取り返しのつかない問題にならなければよいのですが。
  ただ、介護保険の引き締め以前でも、南魚沼市では介護施設の役割軽減や施設廃止が始まっていましたし、入所者数が頭打ちないし減少傾向にありました。これは、群馬県や長野県への転出で解決を図っているという裏事情があります。
  さて、地域包括医療・ケアシステムについては、だれもが念仏のように唱えていますが、介護保険という「共助」を維持するために思いついたもので、健康寿命の延長や認知症予防という「自助」努力の動きと、崩壊した核家族や幻想の地域共生や地域助け合いという「互助」を義務として押しつける行動に他なりません。以前、国民の中にあった暗黙の了解は、(介護)保険金を支払い、それを基に施設に入所し、専門職による介護サービスを受け(長生きす)るという、より良い老後の生活であったはずなのです。
 以降、2030年には生産人口が減った結果、ついに百貨店も銀行も老人ホームも地方から消え、2040年にはついに「自治体の半数が消滅する」とも河合氏はいいます。かつて2000年はノストラダムスの予言や五島勉らの世紀末予言者の著書によると、人類が破滅する年とされ、日本全体がパニックに近い状態になっていた気がします。河合氏が予言するように2040年に高齢化や小子化によって本当に人類が消滅するのでしょうか。これは20年ほど先の近未来のことなので、すぐ来てしまいます。最近は、ダン・ブラウン「オリジン、2018.2発売、角川書店」を始め、人類を救う手段はAI(人工知能)と叫ぶ人が沢山湧いてきて、幾つものAIの予言書が出ていますが、2000年の焼き直しと違うのでしょうか。現時点の私の最大の関心事は、八百万の神がいる日本で、いつAIが神に置き換わっていくのかです。
国勢調査の資料